為替は世界中の金融を一日中駆け巡っている

現金ではなく金融機関での決済である

わたしたち一般人にとって、「為替」は縁がないと思う人も少なくないでしょう。
日常生活では縁がないかもしれませんが、実はさまざまな商取引で使用される、重要なシステムなのです。

例を挙げると、銀行口座から水道光熱費など公共料金を引き落とす際、為替が用いられます。
また、通販で商品を購入した際、企業が指定した銀行口座に商品代金を振り込む事も為替の1つです。
さらに、企業による商取引の決済を、約束手形・小切手で行うのも為替です。

つまり、現金ではなく、銀行など第三者の金融機関を経由した代金の支払い・受け取りが為替です。
為替のシステムにより、遠距離に存在する人同士でも、現金を持って移動する事なくお金の取引を行う事が可能です。

外国為替によって別の通貨を交換する

為替は、2種類あります。

○内国為替:国内でお金の取引を行う。
○外国為替:国外でお金の取引を行う。

国内でお金の取引を行う場合、日本は円・アメリカはドルというように、自国通貨での取引が可能です。
ところが、個人の海外旅行や、輸出入など企業が他国の別企業と商取引を行った場合、自国通貨と相手国の通貨を交換する必要があります。

このため、外国為替は「特定の国の通貨と他国通貨の交換」という意味で用いられます。
外国為替売買取引・外国為替取引なども、ほぼ同義の意味を持っています。

例を挙げると、所有している日本円を売却してドルを購入した場合、「ドルを買う」または「円を売る」と表現されます。
逆であれば「ドルを売る」または「円を買う」となります。
このように、外国為替取引は物の売買取引のような表現が用いられます。

各国の通貨はオンライン取引が取り入れられている

世界中では、連日多くの人々が国境を越えており、各国の物の売買取引も絶え間なく行われています。
外国為替取引もまた、世界中で毎日行われています。

この取引の場を、外国為替市場(外為市場)といいます。
市場という呼称ですが、証券取引所などに見られる規定の場所・建物は存在しません。
全ての取引は、電話・機械を経由して世界を取り巻くオンラインで行われています。

外為市場は、東京外為市場・ニューヨーク・ロンドン・チューリッヒ・フランクフルト・シンガポールなど、世界中に存在しています。
取引は、一日中行われています。
しかし、もっとも取引が活発な時間帯は日中です。
取引が活発となる時間帯は、地球の自転に沿って、東京→シンガポール→ロンドン→ニューヨークという形で、移り続けています。

外為市場は、以下の2通りに分けられています。

○対顧客市場:銀行と顧客の間で通貨を交換する。
○銀行間市場(インターバンク市場):銀行・証券会社など金融機関同士で交換する。一般的な外為市場はこちらを差す。

取引方法には、金融機関同士が直接取引する方法と、取引条件に見合う相手を為替ブローカーが仲介する方法があります。
また、為替市場には、中央銀行が特定の政策を目的として取引に参加するケースも見られます。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ