投資の方法によって投資信託を分類する

運用する商品や投資の方法で分けられる

多くの銘柄がある投資信託は、以下のように分類できます。

○株式投資信託・公社債投資信託

数ある投資信託の中で、運用する商品にほんのわずかでも株式を利用する事を株式投資信託といいます。
一方で、株式を利用せず公社債のみで資金を運用する事を公社債投資信託といいます。

株式と債券(=公社債)は市場で取引されており、その価格も変わり続けています。
債券の場合、発行者である国や企業の運営状態が悪化して債務履行が不可能とならない限り、原則として満期に元本・利子を受け取る事ができます。
そういった面では、リスクは株式より小さいものとなります。

そのため、株式投資信託と比較すると、公社債投資信託のほうが低リスクであると考えられています。
しかし、当然ながら元本が保証されているという事ではありません。

公社債投資信託でも、外国で発行される債券を運用の対象範囲内としている場合は、為替リスクが発生します。
それに伴い、国内で発行される債券に限定したものと比較すると、ハイリスク・ハイリターンとなります。

○パッシブ型・アクティブ型

投資信託を運用する方針に基づいて分類されます。

日経平均株価・東証株価指数などの株価指標に基づいて、極力それらに連動した運用成果を得られるシステムとなっている投資信託をパッシブ型といいます。
世間で広く知られている株価の指標に沿った価格変動をしているので、投資信託運用の現状の確認が簡単であるという利便性と安全性があります。
しかし、基準値である株価指標が下がると、運用成果も必ず下がる事になります。

一方、平均的な株価指標の動向を超えるリターンを目標とする投資信託をアクティブ型といいます。
そのため、投資の対象として利用できる銘柄の選び方によって、リターンに大きな影響が出ます。

例としては、今後の企業の成長に重点を置いて投資する銘柄を選ぶグロース型運用と、企業の利益の水準などを判断して安価な銘柄に重点を置いて選ぶバリュー型運用などが有名です。
大手企業の株式をメインとした投資や、中小企業の株式をメインとした投資なども存在します。

日経平均株価などの動向を超える事が目標といっても、実際にはそれを下回る成果しか上げられない場合もあります。
パッシブ型の投資信託と比較すると、一般的には信託の報酬が高くなります。

○ユニット型・オープン型

販売されている方法によって分類されます。

運用機関が事前に決定されており、購入可能期間が運用を開始する前の一定期間内に限定されている投資信託をユニット型といいます。
定期的に同内容の投信を募集する型と、その時点での経済および金融情勢などを考慮して完全に単発として設計・募集される型があります。
ユニット型は、運用開始から償還期限を迎えるまで、資金の規模が変わる事はありません。
そのため、これを運用するファンドマネージャー側にとっては、長期にわたって運用できるメリットがあります。

一方、購入可能期間が限定されていないものをオープン型といいます。
償還期限が設定されていないものは、オープンエンド型といいます。
オープン型のメリットは、今までの運用成果の推移などを見極めつつ自分が希望するタイミングで購入できる事です。

これらの他にも、海外で発行された株式や債券を投資の対象とする投資信託もあります。
例としては、中国やBRICs諸国など特定の地域に限定して投資する地域限定型や、いくつかの国に偏りなく投資するグローバル型があります。
さらに、投資のテーマを限定したテーマ型ファンドという投資信託もあります。
積極的な環境問題への取り組みを行う企業に投資するエコファンドや、CSR(=企業がもつ社会的な責任)活動に熱心に取り組む企業に投資するSRI投信などが挙げられます。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ